鬼なんか、こわくないぞ!

こんにちは、事務長の植田です。  今日は節分。暦の上では、明日から春がやってきますね。

今日は、子どもたちが保育園で、節分の鬼退治をしました。世の中に鬼と言われるものがいろいろとありますが、子どもたちは今日の節分のために、鬼のお話を聞いたり、絵本を読んだり、新聞紙を丸めて鬼退治の豆を作ったりしてきました。先生といっしょに、豆をまく掛け声もいっぱい練習しました。

そろそろ、鬼がやってきそうだぞ~。鬼がくるぞ2歳児さんが、鬼のお面や帽子をかぶり、手には投げつける豆をもってスタンバイ。

鬼はどこ? 0歳児さんが鬼を探しています。鬼はどこどこ

「トントントン、トン、トトン」太鼓の音が聞こえてきました。入口を見ると赤い手が・・・赤い手が

出ました!赤鬼です! 赤鬼の迫力に、立ちすくむ1歳児さん。鬼怖いよ

ビックリして思わず先生の後ろに隠れます。思わず隠れる

鬼は2階の保育室にもやってきました。思わず、ひるむ子どもたち。鬼に投げつけるはずの豆も放り投げて、避難します。鬼2階に現る先生に抱きつく先生に抱っこしてもらってばかりじゃ、だめなので・・・反撃開始みんなで反撃開始です。3,4歳児さんたちは、みんなで鬼をめがけて、豆をまきます。鬼をやっつけろ

「おにはーそと ふくはーうち」 さすが3,4歳児さんには、勇者が多くいました。赤鬼も降参です。赤鬼は逃げて帰りました。

鬼が逃げた

こうして、アーバンチャイルド保育園上町の子どもたちは鬼を退治することができました。はやく、新型コロナの鬼も退治したいですね。

ここで、詩人 秋原 秀夫さんの「せつぶん」という詩を紹介。

おには そと      おには そと

どこの いえでも    まめを まく

おには いったい    どこへ いく

はだかの おには    さむいだろ

 

ふくは うち      ふくは うち

どこの いえでも    まめを まく

ふくは いったい    どこに いる

きゅうに よばれて   こまるだろ

 

楽しい思い出のできた節分の一日でした。 楽しめ、子どもたち!

Follow me!