七夕の集い

こんにちは。事務長の植田です。7月7日は七夕でした。当日は保育園で「七夕の集い」を行い、子どもたちはお星さまに願い事を伝えましたが、その日はあいにくの雨。日本各地で豪雨による大きな被害が出てしまいました。被害にあわれた方に、心よりお見舞いを申し上げます。

さて、保育園上町では子どもたちが3階「おひさまほーる」に集まり、みんなで短冊のお願いごとを読み上げたり、一緒に歌を歌ったりしました。

 

七夕飾り紹介

 

みんなで歌おう

1歳児さんの中には、みんなで集まって何かをするということに慣れなかったり、マイクの音に驚いたりして、泣いている子どももいましたが、おおきい組のお友だちは、保育士のお話をしっかり聞くことができました。「七夕の集い」では、楽しく歌を歌ったり、お話を見たり聞いたりして過ごしました。

歌を歌う

子どもたちは、おり姫さまとひこ星さまの七夕のお話をペープサートで見ました。その中で、七夕の意味や、七夕の日に雨が降って、おり姫さまとひこ星さまが天の川を渡ることができなくなったときに「かささぎ」という鳥が飛んできて、ふたりの間の架け橋になって、ふたりを会わせてくれるというお話を知りました。この日の夜は、きっとたくさんの「かささぎ」が天の川に飛んできたことでしょう。子どもたちに豊かな想像力を育てていきたいですね。

七夕ペープサート水曜日には3歳児さんと4歳児さんの体操教室があります。新しい体験がどんどん増えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です