もらわず、もたず、もちこまず


こんにちは、事務長の植田です。今回は、保育園上町からのお知らせとお願いです。

コロナの感染拡大が収まりません。11月24日から来月15日までの3週間、大阪市を目的地とする旅行をGo Toトラベルの対象から外すとともに、27日から来月11日まで北区と中央区にある酒類を提供する飲食店の営業時間が短縮されることが報道されています。様々な混乱も生じるでしょうが、みんなでウイルスの感染拡大を防ぎましょう。

保護者の皆さまも、保育園へのお子さまの送り迎えの際に、検温、マスク着用、入館時の手洗いなど、感染拡大防止にご協力いただき、ありがとうございます。保育園では園舎内の消毒や感染防止対策に努めているところです。これからも、より一層の丁寧な感染防止対応へのご協力をお願いいたします。

園舎内にウイルスの侵入を防ぐために、入館時に手洗い消毒をお願いしていますが、急いで保育室に行かなければならず、石鹸と水道での手洗いの時間がない場合は、必ずアルコールによる手指消毒を行ってください。

今回、アルコール消毒の簡便化のため、自動アルコール噴霧器を1台設置しました。現在、登降園記録のタッチパネル横に置いています。下の写真の矢印の場所に手をかざすと、自動的にアルコールの霧が出ますので、手のひら全体にのばして指先までアルコールを揉み込んで手指消毒をしてください。

アルコール噴霧器

厚生労働省の通知「保育所等における新型コロナウイルスへの対応について」には、「新型コロナウイルスは、風邪やインフルエンザと同様に、まずはマスク着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等により、感染経路を断つことが重要である」と示されています。

また、会食の場などで無症状の人から感染するケースが起きており、自分がウイルスを持っていると思って行動することが求められています。以前から言われていることですが、マスク、手洗い、それにソーシャルディスタンスなど、感染防止の基本を徹底することが重要です。

ウイルスをもらわず、ウイルスを無くして、施設内には持ち込まないことに、ご協力ください。よろしくお願いします。

Follow me!