おっとっと、怖くないよ

こんにちは、事務長の植田です。朝夕の空気が少しずつ冷たくなってきました。今日23日は季節の呼び名では霜降(そうこう)と言い、気温が一段と下がってきて、霜が降り始める日のことだそうです。後ろに星の名前をつけた霜降りなんとかというお笑いコンビがいますが、文字は一緒ですね。

寒くなると公園などで遊具で遊ぶことも少なくなりますが、屋内でも道具を使う事によって多様な動きを経験できます。今回は、普段の保育活動での様子をご紹介します。子どもたちは3階おひさまホールを使って、このような遊びをしています。こちらは1歳さんの様子です。バランス1才1バランス1才3バランス1才2柔らかいマットの上なら、子どもたちも怖がらずに思い切って体を動かせます。

そして、3歳さん・4歳さんになると、こんなこともできちゃいます。バランス1じょうずにバランスを取って・・・バランス2ほらできた、怖くなかったよ!

色々な形の道具を組み合わせて子どもたちに体を動かす楽しさを味わってもらいます。この道具を「巧技台(こうぎだい)」と言い、この道具を通じて、身体のバランスをとる動き・身体を移動する動き・用具を操作する動きなどの多種多様な動きを行います。

このような場面を設定することで、遊びを通して運動能力や柔軟性、平行性、集中力、バランスなどの向上を図っていきたいと思います。

Follow me!